Posts by wpmaster

こんにちは千一珈琲 岡部です。
今日は「コーヒーメーカーでの淹れ方」について少し書いてみたいと思います。コーヒーメーカーは便利ですね、美味しいコーヒーがいつでもスイッチポンで淹れてくれる。。。と書いていますが、実際は「ハンドドリップで淹れた方が良い」と言う方多いです。

なぜ「コーヒーメーカー」より「ハンドドリップ」が良いのか。私が思うに「準備」の差だと思っています。機械が得意な分野は「決められた事を正確に続けて行う」と私なりに解釈しています。「正しくコーヒーを淹れる」為には機械の様に「正確性」も必要です。なので「コーヒーメーカー」で淹れる事自体「正しく淹れている」と言って良いと思います。ただし、コーヒーメーカーは「正しい準備」はしてくれないので「イマイチ」な味になると私は思っています。
 だとすると、「何を準備すれば良いか」ですが、まず「温度管理」つまりは「コーヒーメーカー器具を温める」。具体的にはお水をセットしてペーパーやコーヒーはセットしないでコーヒー受け(サーバ)にお湯を通す。温めしないで冷たい器具にコーヒーの液体を注げば冷めてしまう、それを「保温プレート」で無理やり温めれば、酸化して「酸っぱいコーヒー」になる。次に「清潔な器具を使う」。コーヒー液は酸化するととても「嫌な臭いと味」になります。コーヒー液を溜めるサーバーや液体が通るドリッパーはもちろんですが、最近多い「保温用のパッキンや蓋」もちゃんと清掃しないといけません。これでだいぶよくなると思います。
 最後に「コーヒーメーカー」にあったコーヒー豆ですが、大人数(多杯淹れ)で淹れて時間が経過する事を考えると「深めの軽め」が良いと思います。マンデリンやコロンビア、ケニアなどは注湯温度で「酸」の質が変わりやすくコーヒーメーカーにマッチするか試して見ないとわかりません。また最近のコーヒーメーカーは「注湯92度」など結構パワフルだったりしますので、「酸」をコントロールしたい「浅煎り」は不向きだと思います。おすすめは「深煎り」したブラジル。ナッツ感、深煎りしキリッとした苦味は高温抽出向き、比較的低地で「酸」が穏やかなのでコーヒーメーカー向きだと思います。

 最近はSmart7の様に淹れ方を細かく設定できる物もあります。ちゃんと理解すればコーヒーメーカーで納得のコーヒーが淹れられます。ちなみに、店主は「ハンドドリップ」。理由は「正しい準備」が楽にできるから。機材が少なければ洗い物も少なく短時間でコーヒーを淹れられますからね。本日も夕方6時まで営業です。

こんにちは、千一珈琲 岡部です。
 今日は当店でいつも行なっているカッピングについてお話します。カッピングはコーヒーの粉に熱湯(100度)のお湯を注ぎ、上澄み液を口に含んで、香りや味を確認する作業です。当店の表示で「フレーバー」という言葉がよく出てきますが、香りと味の両方を例えた表現になります。ちなみに、香りだけなら「アロマ」、味だけなら「テイスト」という表現になります。 焙煎した後、お客様に提供した後も含めて「お伝えしているフレーバーは正しいか」を確認する為、複数の検体でカップを取ります。生豆を選ぶ時とは違って「ぶれていないか」が重要なポイントになりますので、スコアシートを全項目つけることはもちろん、焙煎データとの突合も重要です。カッピングで特性がわかれば、お客様から「コーヒーメーカーで淹れるのにあっているコーヒーは?」とか「うちの主人はネルで淹れている」とか様々なお話をいただいても、ご案内がスムースになります。
 しかし、このカッピング、優れた確認方法ですが、これを過信しすぎるとお店の味の方向性が変わってしまうことも。なので当店では「色温度」と「焙煎データ」の客観データーを入れてチェックしています。人の思い入れは結構味などの感覚に影響しますからね。本日も夕方6時まで元気に営業です。

こんにちは、千一珈琲 岡部です。コーヒーの味は色々な要素で変わります。焙煎の仕方で変わるのはもちろんですが、ベースはやはり産地で決まります。私の焙煎は生豆の産地、標高を確認して、実物を見て嗅いでテスト焙煎して確認して本焙煎を決定します。コーヒー生豆が持っている本来の特徴を引き出してあげることが、重要だと思っています。
 その中で「品種」という要素もあります。標高や精製方式で隠れてしまうこともありますが、味を決める重要な要素です。当店で扱っている「深煎りクラシコ」のブルボン種は昔から栽培されている品種です。現在のブラジルの主力品種といえばカツーラやカツアイ、ムンドノーボ。なかなかブルボン種を栽培している農家は少ないのが現状です。しかし、カップした時の最後の最後の決め手で「カップの力強さ」を発揮するのはブルボンやティピカなどの昔の品種です。ブラジルの様に大規模に就農できる環境では、やはり商品の差別化が単価競争からの脱出に繋がる様です。

 ブルボン種を栽培することのリスクは「収穫量」写真はカツーラとブルボンの枝の様子。撮影場所はサン・ジョングランジ農園、。明らかに1本の枝の節の間隔が広いので、収穫量や管理の手間ははるかにかかります(実がついている方の写真はゲイシャ。間隔はもっと広い!)。それでも作るという事は市場のニーズがあるから、スペシャルティーコーヒーへの傾倒なのでしょうか。
 当店はというと、ブルボンを「深煎り」にしています。初めてスペシャルティーに触れる方も少なくないので、入りやすい深煎りにしています。「最高品質」のブルボンを丁寧にハンドピックして、雑味のないクリアーな味わいを毎朝の食卓でいただける「価格」で店頭に並べています。毎朝コーヒーがある食卓を増やせる様に、今日も丁寧にハンドピックです。

 こんにちは、千一珈琲 岡部です。朝の除雪で少々疲れ気味ですが、今日も頑張って営業です。

 今日は、コーヒー屋さんをやり始めて定期購読している「珈琲と文化」について興味深い内容があったのでご紹介します。この季刊誌は「珈琲店経営情報誌」とくに自家焙煎店向けという狭い業界向けの雑誌ですが、私にとってはカフェランブルの故関口さんの貴重なお話などが掲載されているので、毎号欠かさず読んでいます。
 その中でも「コーヒー生豆内外市場」は仕入れもちろん、販売などにも役立つ情報が掲載されています。それによると、2018年の生産量一位は、店主一押しの、ブラジルで6,340万体。作柄も表年であることはもちろん、レアル安を受けて輸出好調。仕入先も新しく入ってくるブラジルコーヒーは値下げの告知をしている状態です。インドネシアも1,000万体をキープ、自然災害の影響があるにも関わらず頑張った印象でしょうか。年末から年明けのFirstクロップの動向に注目です。当店では扱っていませんが、ベトナムが3,000万体に載せているのも注目です。缶コーヒー、ブレンドベースなどの需要が増大している背景が伺えます。
 世界的な消費も右肩上がりで、ブラジルや中国など新興国の消費が顕著であることが伺えますね。ブラジルは、ロブスタ(コニロン)国内需要がエスピリットサントの霜害で昨年は危機的な状態で、コーヒー豆の輸入解禁かで国内が揺れたそうです。
 面白い資料として、日本の県庁所在地の一世帯あたりのコーヒー年間購入量で山形市が8位に入っていることです。東京23区が23位ですから、コーヒー需要、特にお家コーヒーの需要は東北の中でも高いことが伺えますね。ご来店の際に、少し見てみるのも面白いかもしれませんね。

本日も夕方6時まで営業です。

こんにちは、千一珈琲 岡部です。昼間でも外は冷え冷えですね。昨日から焙煎しておりますが、焙煎室内の温度も適温まで上げるのに一苦労です。

カフェインレスの価格についてのご案内です。当店でご好評いただいているカフェインレスですが、インドネシアの天候不順、自然災害等で生豆の価格が高騰しております。お店としましても、価格にはねないように努力しておりましたが、価格を見直しすることとなりました。

カフェインレス 50g
(現在)¥324 →改定後 ¥349
カフェインレス 100g
(現在)¥648 →改定後 ¥698
カフェインレス 200g
(現在)¥1,296 →改定後 ¥1,396

現在の在庫がなくなり次第改定させて頂きます。改定しましたら改めてご案内させて頂きます。本日も夕方6時まで営業です。