こんにちは、千一珈琲 岡部です。

今日は新商品選定のカッピングについて少し書いてみようと思います。

当店で長らく御愛飲頂いておりました、「スィートアンドフラワーズ」と「ドミニカ」「ルワンダ」について販売が終了する見込みとなっております。精製所の変更により認証が受けられなくなったとか、入荷未定など様々な理由で継続が困難になりました。コーヒー豆は各国の政治情勢や気候変動などいろいろな理由で継続できなくなる事が多いです。なので、ブレンドコーヒーの中核に据えている豆が入ってこなくなると、そのお店の存続に関わる事態に発展しかねない状態になります。販売が見込まめる3銘柄もお客様に大変ご好評で店主としても心苦しい限りです。

現在、新たにご紹介できそうな銘柄を「酸味」をポイントにして選定しています。場所はハイチ、パナマ、ボリビア、ミャンマー。品種はミャンマーを除きティピカ種。昨日テスト焙煎して、カップした結果を簡単に載せます。

ハイチ・・今、テニスで有名になった国。いわゆるカリブ海系コーヒーで、粒は大きいですが厚くなく豆が柔らかい印象。上質な酸味と口当たりは納得の味。

パナマ・・ボケテ産出のティピカがあり前から気にかけていた豆。プラム、オレンジ、シトラスと酸味の特徴が揃った感じでした。

ボリビア・・ある方が直接交渉に行くほどの国。どうもコーヒー豆の取引は生産者と直接交渉できる様です。バイオラティーナ有機認証を持った豆をサンプルとして頂きました。プラム、ティーライク、ハーブ。

ミャンマー・・ティピカではないですが、アジアも入れたいと思いカップ。結果はJAVAナチュラルをカップした時以来の感動。ナチュラルなので他と公平に評価できませんが、ストロベリー、マンゴー、チェリーといった感じ。アジアのポテンシャルの高さがうかがえるカップでした。

どれも個性的で甲乙つけがたい豆ばかりです。

本日も6時まで営業中です。