こんにちは、千一珈琲 岡部です。今年は暖かくなるのが早いですね。衣替えには早いですが、千一珈琲のコーヒー豆は一足先に入れ替えのシーズンを迎えております。入れ替えにあたって「酸味」にフォーカスして豆をセレクトしています。今日は「酸味」に少し触れたいと思います。コーヒーをご案内する際に「酸っぱいコーヒーは苦手」という方が多いと店主は感じています。「酸っぱいコーヒー」とは何か、店主が思うにコーヒーメーカーで淹れて保温し放置され酸化したコーヒー。もう一つは「未発達の酸味」が強く出ているコーヒーかなと思っています。前者は淹れた後の状態なので、「淹れたてをお召し上がりください」とご案内すればいいのですが、「未発達の酸」は作り手、淹れ手の両方注意しなければいけないのかなと思います。

「未発達」は香りや味が頂点に達しきっていない状態で、コーヒーの焙煎で言うと「アンダー」とも言います。酸味はコーヒー豆の硬さや厚さなどの形状でも出方が異なります。乱暴な言い方をすると、コロンビアの豆を浅く煎れば酸味があるコーヒーになります。しかし、酸味は複数の成分から構成されているので、綺麗な酸味が残るかどうかは別になります。なので、焙煎する人は豆の産地の情報をしっかりと把握し、形状や色などの水分に関わる情報を理解して、「ここで止める」ポイントをあらかじめ想定して焼くことが多いと思います。
「淹れ手」の話をすると、湯温や分量を計る事と掃除をしっかりしてあれば問題ないかと思います。あとは、粉とお湯の触れている時間を短くすると軽くなり酸味もいきますので、1杯だての方が良いと思います。

千一珈琲の考える「酸味」のコーヒー、最初は去年も登場したペルーCOEからスタートです。オーソドックスにレモンとオレンジの中間の様な酸味、全体的に紅茶を連想させるような味わいに仕上げました。ローストはシナモン+81.8。センターカットもはっきり出ている状態です。本日焙煎なので、明日くらいまでが飲み頃かなと思います。気になる方は是非お早めにどうぞ。本日も夕方6時まで営業です。