こんにちは千一珈琲 岡部です。
今日は「コーヒーメーカーでの淹れ方」について少し書いてみたいと思います。コーヒーメーカーは便利ですね、美味しいコーヒーがいつでもスイッチポンで淹れてくれる。。。と書いていますが、実際は「ハンドドリップで淹れた方が良い」と言う方多いです。

なぜ「コーヒーメーカー」より「ハンドドリップ」が良いのか。私が思うに「準備」の差だと思っています。機械が得意な分野は「決められた事を正確に続けて行う」と私なりに解釈しています。「正しくコーヒーを淹れる」為には機械の様に「正確性」も必要です。なので「コーヒーメーカー」で淹れる事自体「正しく淹れている」と言って良いと思います。ただし、コーヒーメーカーは「正しい準備」はしてくれないので「イマイチ」な味になると私は思っています。
 だとすると、「何を準備すれば良いか」ですが、まず「温度管理」つまりは「コーヒーメーカー器具を温める」。具体的にはお水をセットしてペーパーやコーヒーはセットしないでコーヒー受け(サーバ)にお湯を通す。温めしないで冷たい器具にコーヒーの液体を注げば冷めてしまう、それを「保温プレート」で無理やり温めれば、酸化して「酸っぱいコーヒー」になる。次に「清潔な器具を使う」。コーヒー液は酸化するととても「嫌な臭いと味」になります。コーヒー液を溜めるサーバーや液体が通るドリッパーはもちろんですが、最近多い「保温用のパッキンや蓋」もちゃんと清掃しないといけません。これでだいぶよくなると思います。
 最後に「コーヒーメーカー」にあったコーヒー豆ですが、大人数(多杯淹れ)で淹れて時間が経過する事を考えると「深めの軽め」が良いと思います。マンデリンやコロンビア、ケニアなどは注湯温度で「酸」の質が変わりやすくコーヒーメーカーにマッチするか試して見ないとわかりません。また最近のコーヒーメーカーは「注湯92度」など結構パワフルだったりしますので、「酸」をコントロールしたい「浅煎り」は不向きだと思います。おすすめは「深煎り」したブラジル。ナッツ感、深煎りしキリッとした苦味は高温抽出向き、比較的低地で「酸」が穏やかなのでコーヒーメーカー向きだと思います。

 最近はSmart7の様に淹れ方を細かく設定できる物もあります。ちゃんと理解すればコーヒーメーカーで納得のコーヒーが淹れられます。ちなみに、店主は「ハンドドリップ」。理由は「正しい準備」が楽にできるから。機材が少なければ洗い物も少なく短時間でコーヒーを淹れられますからね。本日も夕方6時まで営業です。