Posts from the ‘ブラジル’ category

こんにちは、千一珈琲 岡部です。いい天気が続いています。ブラジル視察でいろいろ見学はしますが、なかなかコーヒーのキの「根」について農園主と話す方はすくないのではないでしょうか。コーヒーのキの根はちょうどきゅうりと同じで横に広がります。なので肥料や水は「畝間」にあげたりします。根を深くおろさないので、根っこの生育不良につながる病気は致命的です。ポットから定植して3年後に収穫を迎えて、これからって時に倒れてしまっては、意味がありません。根っこの害で気にしているのは線虫の害。その線虫につい良い品種をセレクトしているとヴィセンチ(サンタカタリーナ農園の農園主)が力説していました。農業はどこの国でも同じ、たゆまぬ努力ですね。
本日も元気に営業中です。
こんにちは、千一珈琲 岡部です。今週土曜日はブラジル珈琲講座開催です。
★★★ お知らせ ★★★
9/22(土) 10:30〜 ブラジル珈琲講座 残り1席!
9/26(水) 9:30〜15:00 午後3時で閉店です
9/29(土) 臨時休業
★★★★★★★★★★★
当店で人気のサンタカタリーナ。農園主のビセンチは3つの農園を所有しています。訪れた時、ボンジャルジン農園は収穫の真っ最中。ピッカーのお姉さんが一所懸命収穫していました。エンジン付きの収穫機はピッカーの自前。手収穫の5倍の能力があるそうです。うまく幹を揺すって、完熟豆だけを落としているのがよくわかります。ブラジルは赤道から離れているので、年一回の収穫で大量に処理しなければならないので、機械での収穫が一般的です。こうしてサンタカタリーナができて行くんですね。ありがたいことです。
本日も元気に営業です。
↓↓↓ 動画はこちらから ↓↓↓
おはようございます。千一珈琲 岡部です。朝晩は冷え込みますね。ホットコーヒーがあう季節になってきました。ブラジル視察でサプカイに続いて訪れたパトロシーニョ。当店では「深煎りクラシコ」を産出している場所です。標高は800から1000mとあまり高くないですが、大規模農園が多く生産力がある場所です。COEチャンピオンのガブリエルムネス氏が所有しているフェレイタス農園で収穫機械のデモを拝見しました。この収穫機械1台でピッカー約5000人の作業をこなすそうです。赤道から遠いブラジルでは、コーヒーの収穫は年一回。乾季の3ヶ月で収穫から乾燥、脱殻まで終えなければいけないので、大規模農園ではこのような機械が必須です。やっぱりブラジルは規模が違うなと改めて思いました。
本日も元気に営業です。
 ↓↓↓ 動画はこちらから ↓↓↓

ごきげんいかがでしょうか、千一珈琲 岡部@時差ボケです。時差ボケで夜中に目が覚めてしまうので、少し農園の事を書いていこうと思います。

ペルシード グロッサリア農園
サンパウロから車で3時間くらいの所にサプカイ市はある。コーヒーの栽培は1000mから1500mと珍しく高いところで栽培しており、グロッサリア農園の標高は現地計測で1200m、訪問した当日の朝は非常に冷え込み、日中は汗ばむくらい、寒暖差の大きい所。農園は、非常に手入れが行き届いており畝間も整えられている。低い雑草が生えていること低木のカツアイであることから手作業での収穫であることがわかる。風は比較的穏やかなので風除け作物(バナナやトウモロコシ、豆類など)は畝間には植えていない。余談だが、同じ組合員にパトリシアとアレッサンドロがいる。その2人は標高1500mの風が強い丘にコーヒーの木を植えている。風はコーヒーにとって大敵で風で揺すられ葉っぱがすぐに傷ついてしまう。その傷から微生物が侵入し、枝ごと枯れてしまう。コーヒーにとって実がつく枝が枯れるのは致命傷、収穫量に大きく影響してしまう。その為、畝間の風除けは豆を植えている。パトリシア曰く「コーヒーの風除けには豆が一番できしている」と。豆の根に根粒菌があり窒素養分を供給しかつ風除けになることを知っているからだ。しかし、過酷な1500mの環境ではビッカ(未精製状態のグリーンビーンズ)で120kg、精製したら60kg程度しかまだ取れないようだが、今年のブラジルCOEに出すようで期待したい。グロッサリア農園は風当たりの柔らかい所に存在している為、安定した収量が見込まれる。
APASは小さな組合だが、みんな一生懸命で有機栽培など顧客ニーズの高いコーヒーへの取り組みを積極的に行っている。これからも彼らの取り組みを千一珈琲は応援したいと思っている。

おはようございます。千一珈琲 岡部です。だいぶ涼しくなってきましたね。昨日帰国して久しぶりに横になってよく寝ました。しかし、時差ボケでなんだか眠いです。今日の朝はブラジルで買ってきたポンデケージョで朝ごはんでした。やっぱブラジルコーヒーが合いますね!ペルシードとAPAS優勝ロットで頂きました。お店は11日から再開します。明日から焙煎です!
店主は時差ボケと戦い中です。

おはようございます。千一珈琲 岡部です。

ヒューストン到着。やっと半分くらい戻ってきました。飛行機乗るや否や寝落ちして、気がつけばヒューストンって感じでした。サンパウロのカフェ巡りですが、昨年行ったイザベル カフェ ラボラトリィが増築されて、経営が順調なことがうかがえました。代表のイザベラさんと会いましたが、とても綺麗な人でした。カフェ雑誌の編集者もいたので、ブラジルのコーヒー業界では注目されているようです。もう一つは2坪でブラジルでは珍しい、きっちりした在庫管理で売り上げを上げているバール。かわいいお店でした。

そして、やっと日本到着で鶴岡まであともう少し。長かったような短かったような。。。今回のブラジル視察は、前回よりも深く色々見れてとても有意義でした。とりあえず、成田でラーメンを頂きました。ご馳走さまでした!
店主は元気に移動中です。

おはようございます。千一珈琲 岡部@サンパウロ.ブラジルです。昨日は、移動日でサンパウロまで来ました。ディナーはシュラスコ!一年分のお肉を食べたような気がします。今日はカフェ視察です。
今日も元気に視察です。

こんにちは、千一珈琲 岡部@カパラオ.ブラジルです。10日までおやすみを頂いております。ご不便をお掛けしますが、よろしくおねがいします。農園視察最終日、カパラオを4農園視察してきました。当店の新商品 ヴィラーダのフェルナンドとあってきました。緊張していたのか、表情は固かったですが真面目な人柄が感じられました。フェルナンドのお父さんは、サトウキビのお酒カサーシャを作って居ます。20年物のカサーシャをゲットしました。明日はサンパウロに移動、カフェ視察です。
店主は元気に視察中です。

おはようございます。千一珈琲 岡部@カパラオ.ブラジルです。10日までおやすみを頂いております。ご不便をお掛けしますが、よろしくおねがいします。昨日は、サンタカタリーナのビセンチに会いに行ってきました。サンタカタリーナ、マリカ、ボンジャルジン共に順調に収穫をしておりました。昨年より収穫が遅いそうですが、例年通りだそうです。カップさせてもらいましたが、いつも通り、ナッツでまろやかな出来でした。今日はカパラオで、新商品のビィラーダの生産者に会いに行きます。
今日も元気に視察です。